印泥・印材ミニ講座

◆ばれん

印を押す時、下に雑誌やら単行本やら、何か台になる物を敷いて押すと、比較的綺麗に
押せます。

が、印泥を始めて扱う人にとっては、なかなか癖のある代物(ーー;)
印を綺麗に押すには、多少の練習が必要です!!

しかーし!!この「ばれん」を使えば、いとも簡単に、綺麗に印が押せるのです。

使い方は、簡単♪

クリックすると元のサイズで表示しますまず、「ばれん」の上に紙を置きます。

印を押す位置を決めて、印を紙の上に置く。








クリックすると元のサイズで表示します

置いたら、印を持って、紙ごと「ばれん」の上で、上下左右にぐるぐるまわす。
あまり力を入れなくても、軽くでいいです。







クリックすると元のサイズで表示します
紙を手で押さえて、ぱっと印を上げると、くっきりはっきり素敵な印影の出来上がり☆




要するに、版画で使う、ばれんと同じ要領なのです。


長年この「ばれん」を使わずに印を押してきましたが、使い始めてからは、もう手放す事が出来ない程、気に入っております(*^_^*)


クリックすると元のサイズで表示しますこれを使うと、初心者の方も簡単綺麗に印を押す事が出来ます♪♪♪
比較的、大きな印は「むら」になり易いのですが、「ばれん」を使うと一気に解消です(^^)b

オススメです!





   


       



狸狸庵TOPへ